インプラント

Implant

失なった歯を取り戻し
噛みしめられる
喜びを
本来の自然な噛み応え
歯を失ってしまった場所に、
人工歯根(インプラント)を埋め込み、
その土台に患者様の歯に合わせた
被せものを作る治療です。

インプラントを差し込むことで、ブリッジのように健康な歯を削る必要はなくなり、入れ歯のような不快感を感じることもなくなります。

食べ物を自然に噛み締めることができ、
「食事が楽しくなった」と実際にインプラントをした患者様からお話を聞くことが沢山あります。

インプラント体

骨に埋め込むネジ上の装置の部分です。

上部

メタル
歯の表面部分にセラミックを焼き付けた金属の被せ物。強度面で優れております。
ハイブリット
レジン(プラスチック製の素材)にセラミックを混ぜ合わせた素材です。レジンよりも変色しにくく、白さが長く維持出来き、少しずつ磨り減っていき、向かい合う歯や周りの歯を傷めません。
セラミック
全てがセラミックでできた被せ物は、より天然の歯に近い色になります。金属アレルギーのリスクもありません。

インプラント治療のメリット

歯を1〜2本失った場合
ブリッジや部分入れ歯では隣の歯に負担をかけることになります。インプラントならば、人工歯根を顎の骨に固定するので隣の歯に負担をかけることなく、見た目も噛む力も天然の歯とほぼ同様に再現されます。
奥歯や多くの歯を失った場合
この場合、ブリッジでは対応できないため、部分入れ歯による治療の対象となりました。入れ歯では安定させるための床や金具による違和感や隣の歯への負担、審美面、衛生面といった問題がありましたが、インプラントの場合は、そのすべてを解決することができます。
全ての歯を失った場合
入れ歯の支えとしてインプラントを数本使用することで、違和感の少ない小さな入れ歯が使用でき、また、しっかり固定されるので、しっかりと噛めるようになります。また、入れ歯ではなく、クラウンやブリッジによる治療法もあります。

インプラント治療のデメリット

疾患や顎の骨の状態により治療ができない場合があります。
また、埋入処置後、人工歯が入るまでおよそ2ヶ月〜6ヶ月の期間が必要になります。保険外診療となりますので、費用などにつきましてはお気軽にご相談ください。
クリニック内観1
クリニック内観1

受付: 03(6767)2825

  •  
  • A.M.
  • P.M.

受付時間は、午前は9:30~12:45、
午後は14:30〜20:15です。
※木曜日のみ午後は19:45まで