小児歯科

Child Dentistry

将来の健康のために
歯の健康は
早め早めの予防から
小児患者のための歯科治療です
小児歯科とは、一般的には
歯の形成が終了する20歳までの
患者様に対する治療をさします。

お口の中の環境が
大きく変わっていく時期です。
初期虫歯が出来ていないか、歯肉の状態、
歯並びと噛み合わせのチェックを
定期的に行うことが重要です。

子供の成長に合わせた治療やブラッシングの
指導を行っていきます。

虫歯治療

虫歯になっている所とその周囲の歯を削って虫歯、その部分に詰め物を入れる(または被せ物を被せる)という治療が行われます。
乳歯は虫歯の色が白いため判別しづらく、また進行すると下にある永久歯にも影響がでる可能性があるため、定期的な検診が必要です。

虫歯予防

シーラント
虫歯の原因となりやすい奥歯の溝を、特殊な樹脂で埋めることによって予防する処置です。
フッ素塗布
フッ素には歯の再石灰化、酸から歯を溶けにくくする、 酸の生成抑制という働きがあります。定期的に塗布することが効果的です。
歯ブラシ指導
親御さんにもご一緒に指導法をご覧いただき、虫歯のない健康な歯を育てるお手伝いをします。
クリニック内観1
クリニック内観1

受付: 03(6767)2825

  •  
  • A.M.
  • P.M.

受付時間は、午前は9:30~12:45、
午後は14:30〜20:15です。
※木曜日のみ午後は19:45まで